2007年06月13日

福祉住環境コーディネーターとは?

高齢者や障害者になった方の家庭を住みやすいように
設計からリフォームといったあらゆる相談に応じます。

福祉に関わることは、全て知っている状態ですね。


福祉、医療、建築、保険、住宅構造、福祉用具など
いろいろな知識を持っていて、各分野の専門家の橋渡し的存在です。


介護が必要な人やまた、その家族の個々のニーズに応えるべく
住宅の改造や整備を提案していきます。


福祉住環境コーディネーターとは、各専門分野の意見を聞いて
まとめていく役割があります。リーダー的役割も担いますし、
だからといって独自の意見だけではいけませんね。、専門家の視点があり
専門の判断が必要な場合もありますので、サポート的になることもあります。


そのため、スポーツで例えると個人競技ではなく団体競技ですね。
それぞれ違う能力と役割を持っているメンバーと協力していきます。
自分はどう動くのか、常に考えながら行動して判断していかないといけません。


野球でいうところのキャチャーですし、サッカーでいうところの司令塔
アメフトではクォーターバックといったところでしょうか


それぞれの専門家がいて意見を言いあうわけですから、食い違いも
出てくるでしょうから、中立な立ち場に立って調整していくわけです。
そのため冷静な判断力も必要になってきますね。


福祉住環境コーディネーターの資格を取得する
福祉住環境コーディネーター(FJC)の資格はこれから
福祉住環境コーディネーターの資格と仕事
posted by 福祉住環境コーディネーター at 15:00| 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。