2007年06月13日

福祉住環境コーディネーターに向いている人

人と接する機会が多い仕事なので、人と接することが好きであること
ひとりでいるより、人と会っている方が好きな人などは向いていますね。


コミニュケーション能力、ヒアリング能力は必要不可欠です。
これらは、心配しなくても意識していれば身につけれる能力です。


相手の気持ちを察してあげれる洞察力も必要ですし、時間をかけて
相手の話を聞くことが、信頼にもつながります。

焦らないことも重要になってきますね。

相手の事を理解してあげれるようでないと、相手の人も遠慮してしまいます。
意外とあるのが、要介護者が家族などに遠慮して正直に希望が言えない人も
みえますから、相手の気持ちを思いやり、意見や要望を聞き出せれるよう
雰囲気を大切にすることも重要ですね


誠実な人柄で、信頼して話してもらえることであったり、安心して任せて
もらえるように、心がけましょう


福祉住環境コーディネーターというのは、福祉、医療、建築、保険に至るまで
幅広く知識を身につけないといけませんから、ひとつにこだわる人よりは
いろんな事に興味を持ったりする人の方が向いているでしょう。


この介護の分野でも新しいものが、ドンドンかわって出てきます
福祉のサービスやそのための福祉用具もそうですし、福祉に対しての
法律や制度も改正されていきますから、常に情報を取り入れて
社会の動き変化に対応していかなくてはいけませんね。


常に学ぶ姿勢を忘れてはいけませんし、そのためには、素直な気持ちが
必要です。結構わかっていても難しいですよ。


よそ様の家にお邪魔するので、秘密を守るといったことにも
十分注意しなければいけません。守秘義務があります。


かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド キック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド テクニック編
かんたん!わかる!サッカー初心者ガイド ディフェンス編

かんたん!わかる!野球初心者ガイド ピッチング編
かんたん!わかる!野球初心者ガイド 野球のバッティング・走塁編
かんたん!わかる!野球初心者ガイド 野球の守備編
posted by 福祉住環境コーディネーター at 14:57| 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。