2007年06月13日

福祉住環境コーディネーターの資格

福祉住環境コーディネーターの資格を持っているだけでは
何もできませんが、この資格を活用する仕事は沢山あります。


持っていると就職のときに、アピールができ有利になることは
まちがいないと思います。仕事だけでなくボランティアでも
介護をするのにも役立ちますね。


そのため、家庭で介護をされている人も福祉住環境コーディネーターの
資格を取ろうと努力されている方もみえます。

そうなれば、人に頼らずちゃんと介護環境が自分で作ることができますね。


実践ですぐに使える知識ばかりですから、ぜひ福祉に興味のある人、
必要と思われるなら取得を目指してみては如何ですか?
これからきっと、どこかで取ってて良かったと思えることも出てくる
でしょう。


また、自分や家族で介護が必要になったとき、住宅改装の時や
建築業者とのやり取りに非常に役立ちます。

ちゃんとした知識で、指摘から注文も出来るようになりますし、
後で出てくるかもしれない問題にも対処できますから


注意点としては、認定資格であって国家資格でないことを、
認識しておく必要がありますね。


福祉住環境コーディネーターの資格を持っている人のほとんどが介護福祉関係
であったり、医療関係、建築関係の仕事をしている人で、このことから実際の
現場で働いているホームヘルパー、介護福祉士、社会福祉士の人は、
住環境整備の問題点や必要性を常に感じているということですね。


他には、大学生や専業主婦が取得している割合もあります。
主婦の人であれば、介護が必要な家庭でしょうし、大学生であれば
就職や進学のときに有利に進めることができますね。


福祉住環境コーディネーターの資格を取得するのは、難しいですが
誰にでも取れる資格です。知識は必ず役立ちます。
posted by 福祉住環境コーディネーター at 14:36| 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。