2007年06月13日

福祉住環境コーディネーターの資格を生かす仕事

試験に合格すれば合格証書が郵送で送られてきます。
そうなれば、福祉住環境コーディネーター資格所持者ですが
持っているだけでは働けませんね。職業としては確立されていません。


資格を生かせれる業界に就職するか、福祉住環境コーディネーターの
資格を生かす別の資格を取って、その仕事にする必要があります。


元々、社会福祉の資格や建築士の資格を持って働いている人は、
介護に携わる仕事なら、すぐに役立てることができます。


1)福祉・介護の業界で資格を生かす

在宅介護支援センター、老人ホームなど
福祉関連の分野では、ケアマネジャーやホームヘルパー、社会福祉士
介護福祉士の資格を持っている人がいます。


介護・支援する視点から判断をする事ができますね。


2)建築関連の業界で資格を生かす

住宅、住宅設備メーカー、建築会社、リフォーム会社、
都市計画事務所、建築設計事務所、不動産など


ビルや公共施設が、ほとんど建っていますが老朽化した建物の建替えが
必要になってきていて、バリアフリーが必要であることと昔と違いバリアフリー化が
必要なため、福祉住環境コーディネーターの資格を持つことが、これからは必要とされる
機会が多くなってくるのは間違いありませんね。


バリアフリー化が進んでいる昨今では、福祉と住環境の両面から建物は考えられて
造られるので、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると重宝されますね。


住居の設計や施工に関係のある人から建築関係の営業マンまで
この福祉住環境コーディネーターの資格を取っています。


福祉住環境コーディネーターは、住宅関連の企業から必要不可欠と
されるようになってきています。建築や福祉機器関連の企業から
期待が大きいということですね。


住居の設計や施工に関係のある人から建築関係の営業マンまで
この福祉住環境コーディネーターの資格を取って他の資格とあわせて
使用することで、幅広くサービスが提供できるようになります。


住まい、設備、介護用品といった使用の観点からも判断できます。


3)医療・保険関係の業界で資格を生かす

介護老人保健施設、一般病院など
看護師、保健士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士


実際に介護を受ける人の立場に立って、身体の状態から判断できます。


4)その他に
福祉機器メーカー、介護用具取扱店、保険会社などもありますが、
福祉住環境コーディネーターの資格が役に立つ場所が他にもはあります。
それは、公務員、ホテルや旅館、デパートやホテルなどの接客業でも
多々ありますね。


どんな職業でも介護に関することが出てきて、福祉の知識が
必要になってきますね。


福祉住環境コーディネーターの知識を持っていると、本当に必要で
便利な商品を的確にアドバイスできるでしょう。


住宅改修・設備・福祉用具の三つがちゃんと揃ってはじめて介護が
できる環境が整うということですね。どれかがかけても何か問題が
出てしまう恐れがあります。


資格を取っただけの人は、こういった所で就職するか
もう一度、それぞれの分野について勉強するかですね。

posted by 福祉住環境コーディネーター at 14:45| 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。